もずめか日記・改

女+女で波乱万丈に生きる、スペクタクルノンフィクションストーリー。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | -

    穴があったら埋まりたい。(入院話・第2話)

    0


       人は、極限状態になると本性が見えると言われております。

       全身麻酔から覚めたての状態も、それすなわち極限状態のひとつとも言えるでしょう。
       覚醒しているのか、していないのか。それがはっきりと体に伝わらない、あの独特の状況。


       私が始めて全身麻酔を経験したのは、13歳の夏、心臓の手術を受けたときでした。
       約7時間の手術時間、その間だけで体重が4〜5キロ減(ある意味究極メガンテダイエット)。
       
       あれもきっと麻酔の覚めかけだったのでしょう。
       夢とわかりきっている、でもどこか夢じゃないような変な感覚。
       
       薄暗い中に私はいて、走れども走れども出口がわからない。

       お母さん、どこ?

       半べそで走っても明かりすら見つからないそのとき、耳に流れ込んできたのは低い地鳴りのような音。

       そしてうっすら光が差した瞬間、私の視界に入ってきたのは真っ白な服を着た人。
       いわゆるICUの看護師さんなんですが、


       「もずくさん? 私の声が聞こえますか?」


       力なくうなずくと、


       「おかえりなさい、よくがんばってくれたね、おかえり」


       天使かと思った。
       ちょっとあの女優に似た感じの何ていうんだろういやそれは置いといて。

       低い地鳴りの音の正体は、体中に差し込まれた管を動かすための装置の機械音でした。
       いやあ、あの独特な音は今でも忘れないな。あとあの天使の笑顔な。


       今回もそんな感じで目が覚めるのかしら、って少し懐かしくも感じてました。


       手術時間は約2時間ちょい、無事に手術が終わって半覚醒状態に入ったとき、私の脳裏には何やらドラマが繰り広げられていました。

       その私の脳裏には、あの人物が黒いきらびやかな衣装に身を包み、何やら楽屋っぽい空間で目を伏せています。
       そして私は、激しく怒っている。
       時に机を叩き、怒りというより憤りに近い感情です。

       それをなだめるように、周りの人が何か私にアドバイスをしようとしますが私はその手を振り払い、

       

       なんで、小林幸子が紅白に出れないんや。

       幸子やで!?

       大晦日は幸子の衣装今回何やろって、もうすでに『遠山の金さんの刺青』『水戸黄門の印籠』(共に20:42当たりに出現)なのはわかってるけど、それでもつい気になってしまうあの時間がないって、どういうことや!

       何でもリニューアル、革命、新発想って、古き良きものを残すって事がどれだけ財産になるかってことがわからんのか!



       皆さんも経験があると思うんですが、夢を見ているとき、その夢を客観的に見てる自分が存在するときってないですか。

       今回まさにそれで、激しく泣きながら怒る私を、もう一人の私が、



       『なぜ幸子』



       と戸惑いながら、つっこみながら、一方的に進むドラマを見ているのです。

       付け加えるなら、もう一人の私は『たった今きっと手術が終わったところ』ってことにも気づいてるんです。
       そんなときになんで小林幸子なんだ、なぜだ、なぜだ……。
       
       すると、うっすらと音が耳に入ってきます。

       名前を誰かが呼んでいるのはわかる。

       でも、それが夢の中なのか、現実なのかがすぐに体が理解できない。

       呼んでる、返事しなきゃ、私大丈夫だって伝えなきゃ。


       しかし私が口走ったのは、


      『幸子……小林幸子が夢に……! 何でか知らんけど幸子が……!』


       あ、なんか私の周りで笑いが起こってる。

       何でだろう。

       あ、めかぶの声が聞こえる。

       

       めかぶ:「大丈夫だよもずく、もう大丈夫だよ」



       答えなきゃ、私大丈夫だよって答えなきゃ。




       もずく:「幸子が……!」



       めかぶ:「うん、幸子ね。うん、何かおめでたくていいよね



       ああ、何かまた回りが沸いてる。

       違う、そう言うことを伝えたいんじゃなくって……。

       やがてまた私の意識は途絶えてしまいました。



       それから3〜4時間ほど眠り続け、目が覚めると隣にめかぶが座っていました。

       あーめかぶだ。
       私一応帰ってこれたんだ、よかった……。


       静かに布団をかけなおそうとするめかぶの横顔を見て、私の意識は完全に回復しました。



       もずく:「めかぶ」

       めかぶ:「なに? どっか痛い?」

       もずく:「私、すごい夢見てたっぽい」

       めかぶ:「そうみたいね」

       もずく:「夢見てたんだよね?」

       めかぶ:「……」

       もずく:「何か……小林幸子が出てきて、紅白出れなくて、それでも幸子は気丈にマイクを楽屋の真ん中に置いて出て行こうとするんだけど」

       めかぶ:「……」

       もずく:「私はどうも納得できないみたいでめっちゃ怒ってた。会ったこともない幸子になんであんなに感情移入してたんやろ」

       めかぶ:「……」

       もずく:「そこであの、ちょっと聞きたいんだけど」

       めかぶ:「……うん」

       もずく:「うっすら記憶の片隅に、幸子が幸子がって口走った感じが残ってるんだけどさ」

       めかぶ:「……うん」

       もずく:「夢の中で口走ってたんだよね? 実際には口走ってないよね?」


       めかぶ:「いや……何度も幸子コールして、最後消え入りそうな声でメンチカツ食べたい、って言ってた」



       めかぶが帰ってから、看護師さんにも聞いてみた。



       もずく:「私、術後なんか言ってました?」

       看護師さん:「小林幸子の夢見たって連呼してましたよ! 麻酔さめてすぐあんなにカツゼツよく小林幸子のことをストレッチャーの上で連呼したの、もずくさんが初めてでみんな爆笑してました〜






       そら初めてだろうよ。






      〜つづく

      ******

      管理人へのこっそりメッセージ、ブログ読んだでこっそり報告は下のボタンをばしっと!


      ↓恥ずかしい。すごく恥ずかしい。恥ずかしいけど速攻腹が減ってた自分に、しかも揚げ物OK状態だった自分にびっくり。
      にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

       
      日常 | permalink | comments(4) | - | -

      幸子……!(入院話・第1話)

      0

         無事におうちに帰ってきました。


         こんにちは、もずくです。


         無事に『白い巨塔の旅』が終わり、自宅へ帰ってきました。
         経過としては、今のところ順調です。麻酔が完全に抜けるまではまだふらふらするので、3〜4日はおうちでじっとしてます。


         さて、もずめかとしては大きなイベントでした。どちらが片方が『入院』というのは。
         ちょっと振り返ってみます。


         今回、私の病気と言うのは『胸の中にうみが溜まる袋ができてしまう』もので、1年前からその症状が出始めました。
         最初は3ヶ月に一度溜まって、突然皮膚を破ってぶほぁっという感じでうみが吹き出て、その都度あわてながらガーゼを当てたり薬を塗ったりしてやり過ごしていたのですが、後半の方になると周期が2ヶ月になり、うみが溜まると高熱が出て脇の方まで腫れて痛むようになってきていました。

         私はメインが肉体労働なので、うみが出てしまうとお客さんに接触するのが難しく、困り果てていたところついに主治医から『腫瘍が悪性になる前に完全撤去』を進められ、今回の入院にいたった次第でございます。

         現在私の両親は二人とも病気のため身動きが取れないので、あまり詳しく知らせていませんでした。
         そうすると、入院中の緊急連絡先をめかぶにしたいところなのですが、皆様もご存知の通り『法律上の家族』でないと断られることの方が多いものです。


         しかし今回私は、まず両親の気持ちを動揺させたくないこと、そしてめかぶは私の仕事仲間でもあり大事な友人でもあり、そしてある意味両親よりも私をよく理解していると説明しました。

         まあここまで言うと『あーこの2人そういう、はあなるほどね…(にやり』と受け取られるとは思ったのですが、私は何とか『緊急時の対応はめかぶに』と頼み込みました。

         すると担当の医師が、少し考えたあとに、


         『時として、つらい報告が出る場合もあります、それを彼女に背負わせる可能性もあります。覚悟はおありですか?』


         私はしっかりと首を縦に振って、


         『彼女も私も背負う覚悟はできています。よろしくお願いします』


         と言いました。
         したらばその先生、うんうんと何度もうなずいて『じゃあそのように私が手配します』と。


         アメージング……!

         通っちゃった……!


         結局のところ、手術室へ立ち会うのも、手術室から帰ってくるところも、手術日丸一日側についてくれていたのはめかぶでした。
         看護師さんの一部では『あの二人……』と噂になっていたっぽいですが、そんなことはどうだってよろしい。

         何か、すごく嬉しかったな。先生に感謝だな。


         話は戻って手術前夜。『もずくなし睡眠1日目』のめかぶを襲ったのが深夜の地震でした。
         けっこう揺れたそうで、怖かったみたい。
         でも私がいたらきっともっと大変だったと思うんだ。(私は地震になると我を完全に見失います) 

         そして手術当日、一緒に手術室まで看護師さんとめかぶと歩いて向かいます。

         手術室の扉で『んじゃ行ってきます』って言った時、めかぶが今まで見たことないような顔してたな。
         扉が閉まるまで手を振りました。

         そして手術室。

         全身麻酔は中1で心臓の手術をして以来。
         手術室に入るのは、27歳ぐらいの時に両膝のボルトを抜く時以来。

         この場所に『懐かしい』とかそういう感情を持つのもおかしいですが、よく耳を澄ますと、


         何かクラシックかかってる。


         手術室の待合でクラシック。

         そして私が実際に手術する部屋に入ってもクラシック。


         『だ、大丈夫だからね、落ち着いてね、これでも聞いて落ち着いてね』感が半端ない。


         ほっといたら何か執事がスコーンとかディナーとか持ってきそうな空間。
         いやここ手術室だから。
         今から料理されるの私だから。(うまいこと言ったつもり)
         

         そして自分で手術台の上に乗り、麻酔の先生がせっせと血圧計を巻いたり点滴の針を刺したりしている間、


         ずっと、


         めかぶのことを考えていました。



         病気するって、してる本人もそら大変だろうけど、側にいる人ってもっと大変だろうな。
         変わってあげたくても変われないし、医者じゃないから治してもあげられないから、


         これしちゃだめだよ

         気をつけてよ


         口から出るのがどうしても説教系になるのね。
         だから時としてたとえそれが甘えだったとしても『ほっといてよ』だの『うるさい』だの言われて、どうにもできなくて自己嫌悪になって自分を責める、それがパートナーなんだ。


         もっと早くめかぶの言うことを聞いて、病院へ行ってたらよかったな。
         ごめんねめかぶ。
         手術が終わったら、早くありがとうって言いたい。ごめんよって言いたい。


         そんなことを考えながら、私は麻酔の薬に誘われ眠っていきました。


         そして約2時間くらいが過ぎたころでしょうか。


         私は夢を見ていました。


         小林幸子大先生が、きらびやかな衣装に身を包んでいるのを見ながら激しく私、怒ってるんです。

         何で、紅白に出れないんだと。
         今までの紅白の締めを担っていた先生が、なぜ出れないんだと。

         何かすっごい私、怒ってる。

         やがて私は誰かに名前を呼ばれているのに気がついて、返事をしようとするんですが息ができないんです。

         吸えるけど、吐けない。

         落ち着いて4〜5回息を吸ったところで、やっと吐くことができました。そしてうっすら目を開けると、数人の病院服の人物が眼に入り『ああ、手術終わったんだな』と気がつきました。

         そうしているとうっすらとめかぶの声も聞こえて、私は声をふりしぼって思いを伝えました。
         手術前、伝えたいことがいっぱいあったにもかかわらず、私が口にしたのは、



         『幸子……小林幸子が夢に……! 何でか知らんけど幸子が……!』



         
         
        〜つづく


        ******

        管理人へのこっそりメッセージ、ブログ読んだでこっそり報告は下のボタンをばしっと!


        ↓健康でいられることのありがたみを再確認したよね。一緒にいるためにも健康は必要不可欠だねいやほんとに。
        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
         
        日常 | permalink | comments(0) | - | -

        無事に終わりました。

        0

          昨日、無事に手術が終わり、一日絶食を乗り越えて、今おにぎりむさぼってます。

          とりあえず予定通り明日には退院できそうです。めかぶが寂しそうだから今すぐにでも帰りたい。

          一応生存報告でした!




          管理人へのこっそりメッセージ、ブログ読んだでこっそり報告は下のボタンをばしっと!


          ↓はらへった。
          にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

           
          日常 | permalink | comments(0) | - | -

          しばし旅に出ます。

          0


             ようやく暖かさが本格的に戻ってきた感じでしょうか。
             よもやもう一度雪が降るとか、どうなってるんだ地球……。


             こんばんは、もずくです。


             というわけで、かねてよりお知らせしていましたが明日からちょっと白い巨塔へ旅行に行ってきます。
             経過報告がスマホからうまくできればいいのですけど、今までの経験上、全身麻酔あとは1日半はあまり動けなかった記憶があるので力が余っていたら更新してみます。


             何事もなければ来週頭には帰ってまいりますので、ぜひまた読みに来て下さると嬉しいです。


             皆さんも『私だけは大丈夫』『今まで病気したことないし』『まだ若いし』と過信せず、大事なパートナーのために自分の体を労わるお時間を作ってください。

             もずくとの約束だよ。


             ******

            管理人へのこっそりメッセージ、ブログ読んだでこっそり報告は下のボタンをばしっと!


            ↓ここまで来たらもはや悩みはひとつだけ。『献立』。これだ。
            にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

             
            日常 | permalink | comments(3) | - | -

            【ゲーム】エロい悪魔と旅に出よう。

            0

               深夜、コンビニでプリンとポカリ買ったんだよね。

               店員さん眠そう。遅くまでご苦労様です。君がいるからあたいは生きていけるんだよ。(包括的な意味で)

               すると店員のおにいたん、



               「あたためますか?」


               どっちを?

               どっちも?




               こんばんは、もずくです。




               ゲーム好きなので、ゲームカテゴリを作ってみました。

               で、今回入院のお供に選んだのは【逆転裁判5】【デビルサマナー・ソウルハッカーズ】こちらの2本です。

               【逆転裁判】は1からずっとやっていて、同シリーズの【逆転検事】ももちろんクリアしております。冥ちゃんかわいいよねハァハァ。ちひろさんエロいよねハァハァ。

               いつもなら最新作は予約して発売即プレイだったんですが、逆裁5は仕事が忙しくてなかなかできないでいたのでやっと出来て嬉しい。なるほどくんが弁護士になって戻ってきてるとかいう前情報を聞いているので、楽しみです。4はびっくりしたからね……いろいろな意味で……。 

               そして【デビルサマナー】ですが、これはめかぶのおすすめです。
               めかぶは【女神転生シリーズ】の大大大ファンで、出会ってからずっと私にすすめておりました。

               まあいわゆるざっくり言うと、悪魔を仲間にして敵を倒す感じなんですが、これ1997年に発売されてるんですよ。
               ゲーム内には【仮想空間】【ハッキング】など、ネット空間やバーチャル空間についていろいろ出てくるんですけども、この年代でこの世界観をここまで書いてたって、2014年の今見てみるとすごいなって思うのですよ。

               で、まあ仲間にできる悪魔はいろいろいるんですけど、私が一緒に出かけたいレディーはこちら。





               夜の女サキュバス。

               エロス。

               私といたしましては、もう少し肉付きが欲しいところですがまあいいでしょう(何様)。

               このゲームはRPGなのでクリアまでけっこうかかりそうです。



               皆さんもゲーム好きの方が多いのかしら。拍手からメッセージをいろいろいただきました。ありがたう!

               まず多かったのが【神宮寺三郎シリーズ】。ハードボイルド系推理ゲームですね。私このシリーズの【夢の終わりに】だけクリアした記憶があります。よーこさんがいい女だった。それは忘れない。

               次にめかぶも大好き【女神転生シリーズ】。メガテンはオンラインゲームにもなっていて、ファンの間では不動の人気ですね。

               付き合いたての頃、


               邪教の館の曲を聴くと落ち着く」


               とうっとりとつぶやいためかぶに、最初は意味がわからなくてちょっとだけ引いたのもいい思い出です。
                  
               仏教、ギリシャ神話、日本神話に基づいた神、悪魔が登場するので、そういう世界観が好きな方はハマりそうです。

               ちなみに私は【聖闘士星矢】でギリシャ神話に興味を持ち、そして【天空戦記シュラト】でインド神話に興味を持ちました。余談。


               そして私も大好き【ファミコン少年探偵倶楽部シリーズ】。ディスクシステムで発売された推理サスペンスで、私は2作目の【うしろに立つ少女】が大好きだった! エンディングの曲がいいんだよー。

               ネタバレになるので伏せまくりますが、○○から○○が変わり果てた姿で飛び出してくるシーンは、かなりトラウマになりました。ドット絵なのにあの迫力。半端なかった。



               入院中はとりあえず逆転裁判をクリアしたいと思います。


               
               ちなみに手術日はホワイトデー。
               めかぶにお返しをするはずだったホワイトデー。

               帰ってきたらお腹いっぱいエビ食べにいこうね。 



              ******

              管理人へのこっそりメッセージ、ブログ読んだでこっそり報告は下のボタンをばしっと!


              ↓先にソフトだけ買って帰ったら、3DS用のゲームは普通のDSではプレイできないことが判明。次の日3DSを買いにいきましたが、昨日と同じ店員さんで『お前本体ないのにソフト買ったのか…』的な何とも言えない空気が流れました。
              にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
               
              ゲーム | permalink | comments(0) | - | -